• 指定なし
  • 介護・福祉事業責任者・施設長
  • 指定なし
  • 指定なし

こだわり条件

求人企業の特徴
求人の特徴
待遇・職場環境の特徴
保存した検索条件の数が上限に達しています

11 件中 1 〜 11 件を表示しています。

介護・福祉事業責任者・施設長の仕事について

介護・福祉事業責任者・施設長の主な仕事は、利用者様のQOLの向上に努め、日常生活に支障をきたす部分をサポートすることです。福祉事業責任者や施設長は、運営責任者として施設経営を担い、関係する公的機関と連携し、地域に貢献する主体者として活動する役割を持っています。利用者様に誠心誠意貢献することを第一に考え、施設職員のやりがいやモチベーションを引き出せる能力も必要になります。実務としては、事業のマネジメントや財務管理、リクルーティングなど多方面に渡って的確な判断を示し、介護サービス品質向上に努め、健全かつ公正な運営を行える経営者感覚も必要になってきます。いずれの立場でも、介護制度の熟知し、現場で研鑽を重ね、リーダーシップを発揮できることが大切になります。

介護・福祉事業責任者・施設長の仕事のやりがいについて

実務経験を積んで、資格を取得、キャリアプランの明確化がモチベーション維持の秘訣

介護・福祉事業責任者・施設長になるためには、介護の現場から実務経験を積み重ねながら、資格取得とともにキャリアアップを目指すのが一般的です。具体的には、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格取得後、介護現場で一番の責任者として活躍できる介護福祉士を目指す。さらに介護福祉士からスキルアップして、合格率20%の難関、ケアマネジャーの資格を取得する人もいます。そうした積み重ねの先に、事業責任者・施設長になれたり、独立を選択することが可能です。介護の世界では、希望や目標を持って転職する人も多くいますが、自身のキャリアプランをしっかり形成をしておくことが、モチベーションを維持し、日々のケアに邁進できる秘訣です。

求人・転職情報をその他の職種で探す

介護・福祉事業責任者・施設長の求人・転職情報を業種でさらに絞り込む

介護・福祉事業責任者・施設長の求人・転職情報を勤務地(エリア)でさらに絞り込む

介護・福祉事業責任者・施設長の求人・転職情報を勤務地(都道府県)でさらに絞り込む

介護・福祉事業責任者・施設長の求人・転職情報を雇用形態でさらに絞り込む

介護・福祉事業責任者・施設長の求人・転職情報を年収でさらに絞り込む

介護・福祉事業責任者・施設長の求人・転職情報を特徴でさらに絞り込む

介護・福祉事業責任者・施設長の求人・転職情報を新着でさらに絞り込む

介護・福祉事業責任者・施設長の求人・転職情報をこだわりでさらに絞り込む

介護・福祉事業責任者・施設長の求人・転職情報を募集ポジションでさらに絞り込む