• 指定なし
  • 混載IC設計
  • 指定なし
  • 指定なし

こだわり条件

求人企業の特徴
求人の特徴
待遇・職場環境の特徴
保存した検索条件の数が上限に達しています

1 件中 1 〜 1 件を表示しています。

混載IC設計の仕事について

混載IC設計とは、IC設計の中でもアナログ/デジタルの両方の要素を兼ね備えているものになります。身近なところではデジタルカメラのセンサ回路や画像処理、そして携帯電話やネットワークなどでの無線通信分野があります。今日では、至るところでアナログ・デジタル信号処理が行われており、民生機器のみならず、産業機器向けのロボット、計測機器、工作機械などその用途は多岐に渡ります。アナログ・デジタル双方の短所を補って長所を生かすのが混載IC設計の特徴で、混載でなければ対応できないケースも多く、アナログ・デジタルを統合する際にそれぞれの回路の信号処理に不都合が生じないよう綿密なミックスドシュミレーションが不可欠です。アナログ、デジタル問わず、IC設計の技術が生かせる仕事であり、双方の技術を取得が可能なことも魅力です。

混載IC設計の仕事のやりがいについて

技術の活用範囲も広く、海外向け製品に関わることも

混載IC設計はデジタルとアナログの両方の知識が必要になる設計分野です。そのため、デジタルIC専門の設計やアナログICの設計への転職など、さまざまな選択肢があります。小型化・省エネ化が進む中、混載IC設計の重要性は世界的に増しており、その活用範囲も広いことから、国内だけでなく国外向け製品・サービスに関わるケースも多いのが特徴です。日本だけでなく、世界的な市場を見据えた際の設計開発の余地はまだ大きく、海外市場向けに製品カスタマイズ・パッケージ化を行う販売戦略をとる企業もあり、そのため、最適な技術導入のコーディネーターやプロジェクトに関わる主要メンバーとしての働きにも期待が持たれます。

求人・転職情報をその他の職種で探す

混載IC設計の求人・転職情報を業種でさらに絞り込む

混載IC設計の求人・転職情報を勤務地(エリア)でさらに絞り込む

混載IC設計の求人・転職情報を勤務地(都道府県)でさらに絞り込む

混載IC設計の求人・転職情報を雇用形態でさらに絞り込む

混載IC設計の求人・転職情報を年収でさらに絞り込む

混載IC設計の求人・転職情報を特徴でさらに絞り込む

混載IC設計の求人・転職情報を新着でさらに絞り込む

混載IC設計の求人・転職情報をこだわりでさらに絞り込む

混載IC設計の求人・転職情報を募集ポジションでさらに絞り込む