• 指定なし
  • 金融商品開発・アクチュアリー
  • 指定なし
  • 指定なし

こだわり条件

求人企業の特徴
求人の特徴
待遇・職場環境の特徴
保存した検索条件の数が上限に達しています

51 件中 1 〜 50 件を表示しています。

金融商品開発・アクチュアリーの仕事について

人々が安心して生活を送っていくためには欠かせない、生命保険・損害保険や年金等の掛け金、責任準備金、保障金について、数理分析に基づいた適正な予測と評価を行い、その基本設計を形作っていくのが、金融商品開発・アクチュアリーの主な仕事です。確率論や統計学など、様々な数学的な手法を用い、不確実性の高い事象を予測、例えば、保険商品であれば死亡や病気、事故等の予測結果を商品開発に活かしていきます。就業先としては、保険会社以外にも、信託銀行の年金部門や、社会保険を担当する公的組織(厚生労働省や公的共済組織等)、またはコンサルティング会社等が挙げられます。

金融商品開発・アクチュアリーの仕事のやりがいについて

アクチュアリー資格は国内最難関資格の一つ

日本においては、一般的にアクチュアリーとは、公益社団穂人 日本アクチュアリー会の「正会員」を指します。正会員の資格取得のためには、日本アクチュアリー会が毎年実施する第1次試験(5科目)と2次試験(2科目)全科目合格、及びプロフェッショナリズム研修の受講が必要です。つまり、資格取得まで最短で2年間が必要ですが、実際は平均8~10年かかるとされており、有資格者は全国で2000名にも満たない、国内でも最難関資格の一つに数えられます。他方、保険会社や数理・商品開発部門や、コンサルティング会社では、準会員(1次試験5科目合格)、または一部科目合格でも保険業界等の実務経験があれば門戸を開いているケースもあり、多くの資格取得希望者は、仕事をしながら一方で勉強をし、資格取得を目指すケースが一般的です。また、アクチュアリーというと保険・年金分野や、その関連業界での就業がイメージされがちですが、近年では経済・経営分野からの需要も高くなっており、例えば企業の買収の際に企業価値を算出したり、市場リスクを予測する場合など、高度な専門性を生かして活躍できる場は多岐に渡っています。

求人・転職情報をその他の職種で探す

金融商品開発・アクチュアリーの求人・転職情報を業種でさらに絞り込む

金融商品開発・アクチュアリーの求人・転職情報を勤務地(エリア)でさらに絞り込む

金融商品開発・アクチュアリーの求人・転職情報を勤務地(都道府県)でさらに絞り込む

金融商品開発・アクチュアリーの求人・転職情報を雇用形態でさらに絞り込む

金融商品開発・アクチュアリーの求人・転職情報を年収でさらに絞り込む

金融商品開発・アクチュアリーの求人・転職情報を特徴でさらに絞り込む

金融商品開発・アクチュアリーの求人・転職情報を新着でさらに絞り込む

金融商品開発・アクチュアリーの求人・転職情報をこだわりでさらに絞り込む

金融商品開発・アクチュアリーの求人・転職情報を募集ポジションでさらに絞り込む