• 指定なし
  • 医療事務・医療秘書
  • 指定なし
  • 指定なし

こだわり条件

求人企業の特徴
求人の特徴
待遇・職場環境の特徴
保存した検索条件の数が上限に達しています

7 件中 1 〜 7 件を表示しています。

医療事務・医療秘書の仕事について

医療事務のことを医療秘書と呼ぶこともあるため、厳密に両方の職域を分けることは難しいですが、医療事務は主に受付や会計、レセプト業務、入院患者対応が中心になるのに対して、医療秘書は来客応対、スケジュール管理、文書の作成整理など秘書的業務が中心になります。医療事務の業務の中でもレセプト業務(診療報酬請求業務)は病院経営の根幹をなす重要な業務ですので、医療事務の仕事の中でもメインの仕事になります。医療秘書の場合、院長、医局、看護部長などサポートの対象はさまざまで、どこをサポートするかで業務内容は大きく違ってきますが、スケジュール管理や各種データの整理、電話応対など事務作業の補助や代行が中心となります。大学病院など大きな組織を有する病院では医療事務と医療秘書の両方を置くケースもありますが、どちらの業務でも対応できるようキャリアプランを設計することが重要です。

医療事務・医療秘書の仕事のやりがいについて

医療事務と医療秘書のどちらの業務でも対応できるようキャリアプランを設計することが重要です

医療事務、医療秘書のどちらの仕事も必須となる資格はありませんが、2008年に「医療事務作業補助者」を配置した病院には新たに加算が認められることになったため、医療事務に関連する資格がいくつか登場しました。「医療事務作業補助者」は、診断書の作成、処方せんの作成、紹介状の作成、カルテの入力などの業務代行が可能で、医療事務担当者にとって飛躍のチャンスといえます。また、医療秘書の技能検定もありますので、就職の際に有利となる資格にはチャレンジしてみることをお勧めします。ただ、医療秘書の求人はそれほど多くはありませんので、医療事務にまで対象を広げたキャリア設計を目指すべきでしょう。特に事務系の仕事の経験がある方にとっては、医療事務への転職は比較的スムーズに行うことができます。

求人・転職情報をその他の職種で探す

医療事務・医療秘書の求人・転職情報を業種でさらに絞り込む

医療事務・医療秘書の求人・転職情報を勤務地(エリア)でさらに絞り込む

医療事務・医療秘書の求人・転職情報を勤務地(都道府県)でさらに絞り込む

医療事務・医療秘書の求人・転職情報を雇用形態でさらに絞り込む

医療事務・医療秘書の求人・転職情報を年収でさらに絞り込む

医療事務・医療秘書の求人・転職情報を特徴でさらに絞り込む

医療事務・医療秘書の求人・転職情報を新着でさらに絞り込む

医療事務・医療秘書の求人・転職情報をこだわりでさらに絞り込む

医療事務・医療秘書の求人・転職情報を募集ポジションでさらに絞り込む