応用研究(電気・電子・機械・半導体・材料系)の求人情報一覧

  • 指定なし
  • 応用研究(電気・電子・機械・半導体・材料系)
  • 指定なし
  • 指定なし

こだわり条件

求人企業の特徴
求人の特徴
待遇・職場環境の特徴
220
保存した検索条件の数が上限に達しています

220 件中 1 〜 50 件を表示しています。

応用研究(電気・電子・機械・半導体・材料系)の仕事について

応用研究(電気・電子・機械・半導体・材料系)の仕事は、基礎研究で発見された知識を元にして、特定の目標を定めた上で実用化を視野に入れた研究や,実用化されたものの新しい応用、活用方法などの研究を行います。主な仕事の流れは、研究課題・目標設定→研究開発→機能・特性から製品化→技術改良研究→研究内容のレポート発表・特許取得申請といった流れになります。地道な実験を繰り返す忍耐力や、論理的思考力、常にフレッシュな研究トレンドをとらえる情報収集能力が求められます。研究は通常チームで行い、プロジェクトチーム内・開発部門・社外の研究部門との円滑なコミュニケーションスキルなども重要な仕事です。

応用研究(電気・電子・機械・半導体・材料系)の仕事のやりがいについて

基礎研究や製品開発部門とも密接に連携し、確実かつスピーディな研究目標の達成を目指す

通常、基礎研究と応用研究は密接に結びついており、研究所レベルで連携して遂行されるケースがほとんどです。そうして生み出された研究の成果を製品開発部門のプロダクトエンジニア等が実際の製品へと展開していきます。技術競争が熾烈な業界にあって、自社で研究・開発した技術の権利化はもちろん、規格を提起し、デファクト・スタンダードの獲得を目指す標準化なども、多くの企業の共通した課題です。他方、昨今のトレンドとしては、これまで5年先・10年先のビジネス・製品を見据えた研究・開発においては、社外に情報を公開せず、自前で長期的に取り組む傾向にありましたが、昨今では社会ニーズ・課題の複雑化、様々な新技術の登場、製品化サイクルの急速化、そして国際競争の激化などを背景に、産学連携や産産連携を始めとしたオープンイノベーション化を加速させているなど、研究環境には変化も見られます。

求人・転職情報をその他の職種で探す

応用研究(電気・電子・機械・半導体・材料系)の求人・転職情報を業種でさらに絞り込む

応用研究(電気・電子・機械・半導体・材料系)の求人・転職情報を勤務地(エリア)でさらに絞り込む

応用研究(電気・電子・機械・半導体・材料系)の求人・転職情報を勤務地(都道府県)でさらに絞り込む

応用研究(電気・電子・機械・半導体・材料系)の求人・転職情報を雇用形態でさらに絞り込む

応用研究(電気・電子・機械・半導体・材料系)の求人・転職情報を年収でさらに絞り込む

応用研究(電気・電子・機械・半導体・材料系)の求人・転職情報を特徴でさらに絞り込む

応用研究(電気・電子・機械・半導体・材料系)の求人・転職情報を新着でさらに絞り込む

応用研究(電気・電子・機械・半導体・材料系)の求人・転職情報をこだわりでさらに絞り込む

応用研究(電気・電子・機械・半導体・材料系)の求人・転職情報を募集ポジションでさらに絞り込む