• 指定なし
  • 特許技術者(電気・電子・機械・半導体・材料系)
  • 指定なし
  • 指定なし

こだわり条件

求人企業の特徴
求人の特徴
待遇・職場環境の特徴
保存した検索条件の数が上限に達しています

21 件中 1 〜 21 件を表示しています。

特許技術者(電気・電子・機械・半導体・材料系)の仕事について

特許技術者とは、主に技術系の特許について、特許出願書類の作成など、弁理士の補助業務を行う職種のことをいいます。例えば、電気・電子・機械・半導体・材料系の企業の場合、電機メーカーや自動車関連の特許を扱うことも多く、海外で特許を取得するケースも多くなります。特許技術者の仕事は、クライアントの出願案件について、弁理士とともに研究・開発者からヒアリングし、発明内容を的確に把握した上で、内容を明細書や図面にまとめます。また、審査が通らなかった場合、すみやかに意見書や手続補正書を作成する中間処理を行い、特許権を獲得するまで知的財産部や研究開発者と細部を詰め、認められるまでの業務を担います。

特許技術者(電気・電子・機械・半導体・材料系)の仕事のやりがいについて

特許戦略の立案とその実現に一層のウェート

特許や技術ノウハウといった技術資産は、金融資産、営業資産と並ぶ貴重な企業資産です。そして特許は、企業が市場における地位を確保するために、大きく貢献し得るもの。その地位の確保に向けた特許戦略は非常に重要です。そのため、特許技術者の仕事の性格は、近年大きく変化しています。例えば、大企業においては特許出願・意義申立書・特許の有効性と侵害の検討、ライセンス契約のための書類作成といった業務に費やす時間は減少し、代わって特許戦略に関する立案とその実現のために費やす時間が増大しています。従って、特許技術者は、自社と競合他社の特許資産に関して十分な知識が求められ、それらを駆使して、「収入の創出」(特許が自社の売上に貢献すること)「操業の自由」(他社の特許による制約を受けることなく自社製品を製造・販売できること)「独占の形成」(特許によって特定の市場を独占すること)を目指します。

求人・転職情報をその他の職種で探す

特許技術者(電気・電子・機械・半導体・材料系)の求人・転職情報を業種でさらに絞り込む

特許技術者(電気・電子・機械・半導体・材料系)の求人・転職情報を勤務地(エリア)でさらに絞り込む

特許技術者(電気・電子・機械・半導体・材料系)の求人・転職情報を勤務地(都道府県)でさらに絞り込む

特許技術者(電気・電子・機械・半導体・材料系)の求人・転職情報を雇用形態でさらに絞り込む

特許技術者(電気・電子・機械・半導体・材料系)の求人・転職情報を年収でさらに絞り込む

特許技術者(電気・電子・機械・半導体・材料系)の求人・転職情報を特徴でさらに絞り込む

特許技術者(電気・電子・機械・半導体・材料系)の求人・転職情報を新着でさらに絞り込む

特許技術者(電気・電子・機械・半導体・材料系)の求人・転職情報をこだわりでさらに絞り込む

特許技術者(電気・電子・機械・半導体・材料系)の求人・転職情報を募集ポジションでさらに絞り込む