• 指定なし
  • 基礎・応用研究・技術開発
  • 指定なし
  • 指定なし

こだわり条件

求人企業の特徴
求人の特徴
待遇・職場環境の特徴
保存した検索条件の数が上限に達しています

245 件中 1 〜 50 件を表示しています。

基礎・応用研究・技術開発の仕事について

化学・素材・バイオの基礎研究・応用研究、技術開発の仕事は、さまざまなメーカー製品の原料素材となる自然界には存在しない特性や機能を持った化学物質や化合物を作り出す仕事です。専門領域としては、無機化学(基本的に炭素を含まない物質(無機化合物)及び有機化合物の範疇に含まれない物質が対象)と有機化学(基本的に炭素を含む物質(有機化合物)が対象)に大別され、さらには高分子化学、生化学など多岐に渡ります。それらの知識や経験、培ったスキルを活用して、新規物質の合成法から、特性・機能の解析、化成品・化学製品への応用、それらを安定的に生産する量産化技術を研究・開発します。また、研究成果の論文・リポートによる発表や、自社技術の権利化(特許申請など)も重要な仕事です。

基礎・応用研究・技術開発の仕事のやりがいについて

無から生み出す価値で貢献し、それが社会の発展に繋がっていく手応えを実感できる仕事

化学・素材・バイオの基礎研究・応用研究、技術開発の研究者の多くは、化学・素材メーカーを始めとした企業の研究所などに在籍します。研究所では、コラボレートする企業や大学、研究機関のスタッフなどと共同で作業するケースも多く、大学の研究室に近い雰囲気です。コンピュータ上での理論合成やシミュレーションなどのバーチャル技術が普及していますが、化合物の合成やその解析・評価など、リアルで地道な作業も必須となります。研究・開発の進め方の中心は「ニーズ志向」で、例えば営業やマーケティング部門から「ある一定の温度で変質(変色)する合成樹脂がほしい」「極めて吸水性・保水性の高い高分子素材ができないか」といった具体的な要求をうけて、それを実現する素材の基礎研究から、製品化への応用研究、製品開発といったプロセスで進められていきます。また、基礎研究のトライアンドエラーを重ねる過程で、当初の目的とは異なる特性を持った物質や副産物が生成されることもあり、それが将来の画期的な新製品に応用される(シーズ志向)といったケースもあります。いずれも企業の事業拡大に、まさしく無から生み出す価値で貢献し、それが社会の発展に繋がっていく手応えを実感できる、確かなやりがいのある仕事です。

求人・転職情報をその他の職種で探す

基礎・応用研究・技術開発の求人・転職情報を業種でさらに絞り込む

基礎・応用研究・技術開発の求人・転職情報を勤務地(エリア)でさらに絞り込む

基礎・応用研究・技術開発の求人・転職情報を勤務地(都道府県)でさらに絞り込む

基礎・応用研究・技術開発の求人・転職情報を雇用形態でさらに絞り込む

基礎・応用研究・技術開発の求人・転職情報を年収でさらに絞り込む

基礎・応用研究・技術開発の求人・転職情報を特徴でさらに絞り込む

基礎・応用研究・技術開発の求人・転職情報を新着でさらに絞り込む

基礎・応用研究・技術開発の求人・転職情報をこだわりでさらに絞り込む

基礎・応用研究・技術開発の求人・転職情報を募集ポジションでさらに絞り込む