• 指定なし
  • アートディレクター
  • 指定なし
  • 指定なし

こだわり条件

求人企業の特徴
求人の特徴
待遇・職場環境の特徴
保存した検索条件の数が上限に達しています

10 件中 1 〜 10 件を表示しています。

アートディレクターの仕事について

アートディレクターは広告やWeb、雑誌や装丁といった制作の過程で、それぞれの担当クリエイターをとりまとめる仕事を担います。自社およびクライアントのプロデューサーなどと打ち合わせのもと、プロジェクトに必要な美術表現、視覚表現を考え、それを実現するために各担当に指示を行うことが基本的な仕事の流れです。カメラマンの撮影に立ち会ったり、必要なコピーをライターに依頼、またデザイナーの制作状況をチェックしながら、より質の高い表現を目指していく仕事です。このようなマネジメントの役回りだけではなく、自らがクリエイティブな仕事を担当する場合もあります。

アートディレクターの仕事のやりがいについて

自分のセンスやアイデアを具現化するやりがい、反響を呼んだ時の喜びがあります

自分がコントロールしながらクオリティを高めた作品に反響があった時の喜びや、その過程にも面白さがあることはアートディレクターの仕事の醍醐味と言えるでしょう。自分の持つ美的感覚やデザインのセンスを存分に生かすことができる仕事でが、センス以外に色や映像、写真や文字のことなど、幅広い知識が必要となります。そのためグラフィックデザイナーや美術担当の仕事をしている人などがその経験を活かして転職するパターンが多い職種です。また、打ち合わせや指示といった業務があるため、コミュニケーション能力も求められます。プロデューサーなど、ここからのステップアップもあるので、より幅広い分野に携わりたいという希望がある人には魅力的な仕事と言えます。

求人・転職情報をその他の職種で探す

アートディレクターの求人・転職情報を業種でさらに絞り込む

アートディレクターの求人・転職情報を勤務地(エリア)でさらに絞り込む

アートディレクターの求人・転職情報を勤務地(都道府県)でさらに絞り込む

アートディレクターの求人・転職情報を雇用形態でさらに絞り込む

アートディレクターの求人・転職情報を年収でさらに絞り込む

アートディレクターの求人・転職情報を特徴でさらに絞り込む

アートディレクターの求人・転職情報を新着でさらに絞り込む

アートディレクターの求人・転職情報をこだわりでさらに絞り込む

アートディレクターの求人・転職情報を募集ポジションでさらに絞り込む