• 指定なし
  • 介護系事務職
  • 指定なし
  • 指定なし

こだわり条件

求人企業の特徴
求人の特徴
待遇・職場環境の特徴
保存した検索条件の数が上限に達しています

現在公開中の求人情報はありません。
条件を再設定して再検索してください。

介護系事務職の仕事について

介護系事務職の仕事内容は、主に介護報酬請求業務のほか、施設利用者の受付や電話応対、介護用品や備品の受注管理、国や自治体、医療機関等との連絡調整、 各種書類の取りまとめなどの庶務から、サービス利用料の請求・受領といった会計業務に至るまで非常に多岐に渡っています。さらに、利用者に代わって自治体に対して介護認定の申請を行うなどの手続き代行をすることもあったり、帳簿管理や売上げの計上、予算編成などの経理全般まで担うケースもあります。また、ヘルパーの勤怠管理や給与計算、利用者の介護計画の作成など、施設の責任者であるケアマネジャーの仕事をサポートしていくのも、重要な業務です。事務面から介護の現場を支えなくてはならない存在です。

介護系事務職の仕事のやりがいについて

介護事務職の経験は介護士になった後も有利に

介護事務職という仕事は、業界独自のやや専門的なスキルが求められます。また、介護事務職として働いている人口もまだまだ少ない状態です。このため、例え一度仕事を辞めブランクができたとしても、比較的同業種に転職・再就職しやすいと言えます。一方で長く同じ職場で働き続けていれば昇進していき、いずれ部署をまとめる立場、管理者というポジションで働いていくことも可能です。また施設の規模によっては、介護士が介護業務だけでなく介護事務も兼ねて行っている場合もあり、事務スペシャリスト、または施設責任者クラスを目指す人は、まずは介護士を選択、そうした環境から少しずつ介護事務スキルを身につけていき、現場スキルと事務スキルの双方を備えた人材として希望するポジション獲得に向けたアドバンテージを発揮することも選択肢と言えます。

求人・転職情報をその他の職種で探す

介護系事務職の求人・転職情報を業種でさらに絞り込む

介護系事務職の求人・転職情報を勤務地(エリア)でさらに絞り込む

介護系事務職の求人・転職情報を勤務地(都道府県)でさらに絞り込む

介護系事務職の求人・転職情報を雇用形態でさらに絞り込む

介護系事務職の求人・転職情報を年収でさらに絞り込む

介護系事務職の求人・転職情報を特徴でさらに絞り込む

介護系事務職の求人・転職情報を新着でさらに絞り込む

介護系事務職の求人・転職情報をこだわりでさらに絞り込む

介護系事務職の求人・転職情報を募集ポジションでさらに絞り込む