• 指定なし
  • 混載回路設計
  • 指定なし
  • 指定なし

こだわり条件

求人企業の特徴
求人の特徴
待遇・職場環境の特徴
保存した検索条件の数が上限に達しています

11 件中 1 〜 11 件を表示しています。

混載回路設計の仕事について

混載回路設計とは、アナログとデジタルの回路の両方を併用する設計を開発することにあります。アナログにもデジタルにも双方の回路設計にメリットがある一方で、さまざまな機器の小型化が進む現代社会では、省スペース化や高精度を保つために混載回路の設計は欠かせないものなっており、多くの電気・電子機器の機能を司る回路ブロックで用いらいます。求められるスキルとして、アナログ・デジタル要素回路、実装技術、システム設計、ファームウェアなど幅広い知識を要求されます。そのため、アナログ回路とデジタル回路の双方の設計や開発経験が役に立つほか、アナログ回路はノイズの問題が出やすいため、検査系の技術がある人が有利になるのも特徴です。

混載回路設計の仕事のやりがいについて

生活に身近な技術だからこそ、働き口は多い

混載回路は発展著しい身近な家電や携帯電話にも搭載されている技術です。そのため、効率的に機械を動かすには混載回路の設計は必須技術と言え、小型・高性能の回路や、より効率が良い回路設計が常に求められます。働く場所としては、外部から部品の調達をした際に大幅なコスト増に結びつくことから、自社設計にこだわるメーカー・大手企業の開発部門から、アウトソーシングを専門にする企業までさまざまです。また、大型の業務用機器から、身近な小型製品まで搭載範囲も幅広く、転職の際も自分好みの企業・製品を選びやすいのも特徴です。技術の応用範囲が広い事から、プロジェクトリーダーなどの募集も多く、企業の商品企画など販売戦略に携わるケースも多くあります。

求人・転職情報をその他の職種で探す

混載回路設計の求人・転職情報を業種でさらに絞り込む

混載回路設計の求人・転職情報を勤務地(エリア)でさらに絞り込む

混載回路設計の求人・転職情報を勤務地(都道府県)でさらに絞り込む

混載回路設計の求人・転職情報を雇用形態でさらに絞り込む

混載回路設計の求人・転職情報を年収でさらに絞り込む

混載回路設計の求人・転職情報を特徴でさらに絞り込む

混載回路設計の求人・転職情報を新着でさらに絞り込む

混載回路設計の求人・転職情報をこだわりでさらに絞り込む

混載回路設計の求人・転職情報を募集ポジションでさらに絞り込む