• 指定なし
  • 高周波IC設計
  • 指定なし
  • 指定なし

こだわり条件

求人企業の特徴
求人の特徴
待遇・職場環境の特徴
保存した検索条件の数が上限に達しています

2 件中 1 〜 2 件を表示しています。

高周波IC設計の仕事について

高周波IC設計とは高周波に対応する集積回路(アナログ/デジタル)を開発する仕事であり、既定の周波へ対応するだけでなく、周波数の変換などが求められる分野です。電磁波や電波は周波数によって特性が変わり、機器や法律によっても扱う範囲が変わってきます。特に通信分野で使われる技術ですが、コンピュータと機器の連動性が高くなっていることから、さまざまな分野で設計能力が求められる事があります。信号の相互干渉やロスの分析・調査が必要になる場合もあり、通信機器などの検査・開発経験が役に立つこともある分野です。また、他の回路の設計経験を活かしやすく、機器の連動性を考える際にも役立ちます。

高周波IC設計の仕事のやりがいについて

通信・AV機器だけでなく、車載機器分野への応用が進んでいる技術

高周波IC設計は、テレビやラジオ、無線通信などの技術に欠かせない技術です。通信系の仕事が多い一方で、車載機器分野の応用も進んでおり、今後もさまざまな価値で応用される可能性があります。転職の際には通信機や測定器、AV機器開発などの分野が中心となりますが、近年注目を浴びているのが、ミリ波レーダーなどを応用した自動運転技術の確立です。特許技術に関われる可能性もあり、研究開発も進んでいます。当然、高精度の高周波IC開発技術も必要となり、いかに精度を落とさず信号を受信し、効率的に変換を行うかなど、さまざまな技術課題に挑むことになります。また、電源の周波数の変換をスムーズにすることで、省エネ技術の確立に応用しようとする企業もあります。

求人・転職情報をその他の職種で探す

高周波IC設計の求人・転職情報を業種でさらに絞り込む

高周波IC設計の求人・転職情報を勤務地(エリア)でさらに絞り込む

高周波IC設計の求人・転職情報を勤務地(都道府県)でさらに絞り込む

高周波IC設計の求人・転職情報を雇用形態でさらに絞り込む

高周波IC設計の求人・転職情報を年収でさらに絞り込む

高周波IC設計の求人・転職情報を特徴でさらに絞り込む

高周波IC設計の求人・転職情報を新着でさらに絞り込む

高周波IC設計の求人・転職情報をこだわりでさらに絞り込む

高周波IC設計の求人・転職情報を募集ポジションでさらに絞り込む